引き出物を選ぶ時のポイント

結婚式が近づいたある日、結婚式に参加するゲストに渡す引き出物を、二人で選びました。
当初何を渡そうか悩んでいたのですが、思い出に残るものを渡そうと思い、海外の有名ブランドのグラスにしました。


高級ブランドなので予算が心配でしたが、思ったよりも手頃な値段だったので即決でした。

ラッピングは指定できたため、祝いの席にふさわしい華やかなものに仕上げました。当日は結婚式に来てくれた一人ひとりに対して、渡すことができました。
感想を聞くのが楽しみだったので、後日さりげなく聞いて回りました。



多かったのは自分では買わない高級グラスをもらえて嬉しいといった意見や、シンプルだけどデザインに凝っていて面白いといった意見でした。参加者の年齢は幅広かったため、みんなが喜ぶ物をと思うと、この引き出物にしてよかったと思いました。

グラスであれば一年中使えるし、食器棚にあっても邪魔な物ではないため、活躍する機会が多いと感じたからです。

また手になじむ形をしているため、持ちやすく飽きのこないデザインなので、使い勝手も良いです。自分たちの家にも同じグラスが飾ってありますが、それを見るたびに結婚式や引き出物を選んだ時を思い出しています。



今はカタログギフトや食品に人気がありますが、物を贈ることで手元に残るのは特別な気持ちが持てます。結婚して3年が経ちましたが、グラスを見るたびに初心に戻るような気がして、特別な思いを感じることができます。